スタッフブログ・片江店

2013/08/06

富士登山


            ちょうど1年前に〜...の話ですみません、古っ(笑)
        まだ誰にも明かしていない文化遺産になる前の富士山を明かしちゃいます。


   

        日本一のSUM’LOCKになるために、まずは何かの日本一を知ろうと思い...

                     日本一...   日本一...   日本一?

                     なんの日本一を感じよう...

             

                       よし、富士山に登ろう!

                         

 

2012年8月20日の朝、福岡空港を出発して東京は羽田空港に行ってきました。
そこからバスに乗り込み、富士山五合目に向けて出発!!

                                            

 

                                                                の前に...

                        

         水がないと、これからの険しい道のりに挑めない!と思い、2.5? ほどの水を買いました。

                        

                       500mlのペットボトルで5本分、

                     

          バスの中、登る前、登山中、水があると何とかなると軽く考えていたのですが、
                     

        

        この事が後に重大な問題をひき起こすなどとは、まだこの時は知るよしもありませんでした。

 

                         

            天気は良好バスの中でもワクワクしながら順調に、目的地に向かっていました。

                          

          途中、SAによりお腹を軽く満たし、ゆっくり休憩をしてまた出発
                          

          富士急ハイランドを横目に眺めながら、想像以上に賑わう五合目に到着しました。

                 

                                                


                            まずは装備品の準備をするために部屋に案内されましたが、
                            そこは人、人、人!!! 人でごった返していました。

         

     まあ、そんなことは気にせず、着替えをして持って行かないものはコインロッカーにいれ準備OK!

                                                

                      

             15:00に集合場所へ行き、説明を聞いて15:30頃に、いいよいよ登山開始。

                  

             五合目とはいえ、その辺の山よりは高い位置のため、夏なのに少し肌寒い状態。

                                                

      

               まあ今から歩いていくには、ちょうどいいかなって感じ。

 

                ちょいちょい休憩をいれながら登ること6時間。
                                                 

             

                      
    

                                                

                                              

                                                          八合目の山小屋に到着〜
  

                                    


         時間は21:30。ここでやっと夜食!...のはずでしたが、何かの手違いでなーんと、用意されていない。

                    

         最初は、なんだか理解できずシーンとした状態、疲れで頭が回転しないのか...

                 

           だけど、だんだんと状況が飲み込めたみたいでザワザワしだし、

                               

             「マジでー」「夕食ついとったよねー」「まさかなんも食べれんと?」

                                

           おー、このままだと暴動が起こりだすんじゃないの!

 

                  

           疲れもピーク。休んで仮眠をとる予定が、ご飯がない。

                                  

              どうする、ツアー添乗員!?どなる山小屋!

                                 

            添乗員の男性が電話で確認しまくる、アタフタ・アタフタ

 

                                   

              しかし、その行動とは裏腹な山小屋スタッフ。
                                 「夕食とか聞いてないし」と言わんばかりの態度。

                    

            「この時間に山小屋に着いて、夕食がいらないわけねぇだろ。おかしいなと思えよ」と、

                      

            登山者の心の声がビンビン伝わる。

                      

            数十分後、山小屋が人数分のカレーを用意するってことで落ち着いた様で...

                     

                                                           

                           まあ、そうよね。

 

                                 

            とりあえず、カレーを完食。いや〜これはうまかった。

                                                    

                               そして、200円支払って用を済ませ、仮眠タイム。ここで思ったのは、

 

                        何気なく行くトイレ、腹減ったら食べるご飯、いつも飲んでるコーヒー、水、ジュース。
]

                            

             当たり前に過ごしている日常が、本当は幸せの本質なんだな。

 

                 

             昨日と同じように過ごしてないですか?実はそれって、めっちゃ幸せなことなんですよ...
       

              いつもの生活と違う状態になったとき、すごく実感します。

 

           

             休憩の度に食べた一口のチョコレート、あのうまいこと、うまいこと。

              こんなにうまいチョコレートは食べたことはなかったなぁ〜

     

 

    

            そして、 ハッと我に返ると、そこは寝袋一つ分もないくらいのスペース。

                     ギュウギュウですよ。

                隣が女性ならまだしも、周りは男だらけ。

             まあ2時間30分くらいの仮眠なのでいっかーで睡眠...

 

 

      

        1時30分起床!

            

         2時15分くらいに集合し、再び頂上目指してしゅっぱ〜つ!!!

 

      

       

 

                  おぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉおおっと、

                  ここでシャクが無くなってきたので、続きはまた次回!

 

 

                      壮大なラスト、お楽しみにね(^_^)/

スタッフブログ・片江店一覧

取締役
安部 浩史
レイベル 片江店

プロフィール

好きなこと/早起き、最近2:30には起きています(笑)

メッセージ

ただただ、この仕事が大好き! お客様がキレイになって笑顔になる瞬間が最高です。